各号のラインナップはこちら!
バックナンバー・専用バインダーはこちら
2021/06/10(木)

18、19、20号の発売日に関して

18号~20号の書店店頭発売日が決定しましたのでお知らせいたします。

18号: 6月30日(水)発売 (付録:ホンダ アクティ トラック(1988)自転車店仕様※雑誌コード 35122-7/14

19号: 7月20日(水)発売 (付録:日産 セドリックバン(1975)サービスカー仕様雑誌コード 35124-7/28

20号: 8月11日(水)発売 (付録:いすゞ エルフ(1975)製パンメーカー配達仕様雑誌コード 35124-8/25

なお、定期購読のお客様への発送は下記となります。

16-17号: 6月16日頃着

18-19号: 7月下旬着

宜しくお願いいたします。

購読者特典! 定期購読をお申し込みの方に素敵なプレゼント!
特典1 ダイハツ ミゼット1961(郵便車仕様)MP5に箱型荷室を架装した 郵便車。ノーズのツートンが魅力的な1台!●本体サイズ:全長 6.9cm×全高 3.4cm ●ダイキャスト製
特典1 スズキ キャリィ ST30 型 1979(ラーメン屋台仕様)博多とんこつラーメン店「めんめん かめぞう」の営業中仕様をイメージして完全モデル化。 ●本体サイズ:全長 7.8cm×全高 4.5cm●ダイキャスト製
※実際の商品は写真と異なる場合があります。
全員にすばらしいプレゼント! 毎号自宅までお届け 配送料無料 毎号必ず手に入る

街から街へ、商店から商店へ、 日本の元気を運んだクルマたち。

昭和・平成の商用車は、輝かしい経済成長の真の主役だった。とりどりの荷物を積んで道という道を走り回っていた軽貨物、小型トラック、商用バンや商用ワゴン。記憶に残るあの色、あの形。懐かしい商標や商品名。「あのころ」の街角にいた、真面目でひたむきな働き者たちを1/43サイズのミニカーで集めるユニークなシリーズが登場!

1/43スケール

遠藤イヅル氏が模型総合監修! こだわり抜いたラインアップ。

模型総合監修は、日本の商用車に造詣の深い遠藤イヅル氏が担当。往時の資料に基づいた車種選定、塗装色や屋号、積載物のアドバイスをいただきながら、ミニカーメーカーとの連携協力により、完全オリジナルモデルが開発されました。

イラストレーター/ライター 遠藤イヅル氏

遠藤イヅル氏1971年、東京都出身。自動車全般に膨大な知識をもち、なかでも大衆車、実用車、商用車などの生活に密着したクルマを好み、各メーカーがつくってきた過去のクルマにも明るい。自身のクルマ体験をもとに、独創的な視点で切り込むイラストとコラムで自動車誌を中心にWebなど各方面で活躍中。鉄道マニア(車両系)でもある。

遠藤イヅル氏

昭和・平成の実用車を厳選! 積載物までリアルに再現。

日本の商業を支えてきた国産実用車の名品をベースに、多様な業種のディテールをプラス。ボディの塗装デザイン、時代時代の文字書体、業種や業務に沿った積載物までリアルに再現。コレクションが楽しみになるミニチュア・シリーズです。

高度経済成長を縁の下から
押し上げた小規模商店の
軽・小型貨物トラック

日本のモータリゼーションは戦後の経済復興とともに発展を遂げた。とはいえ、自動車は高級セダンやスポーツカーから国民に広まったわけではなく、実際は日本中の悪路をさまざまな品物を積んで走る商用貨物から普及が始まった。小規模商店の配送や荷受けには、初めはオートバイを改造したオート三輪が、やがて軽や小型の四輪トラックやバン、ボックス車が活躍した。無骨だが力強く、頑丈で壊れない。こうした実用車が、日本の経済成長を縁の下から支えていたのである。

1960(昭和34)年、東京の築地市場に近い、勝どき橋の交通混雑の様子。大きさも形も違う貨物トラックが道を埋め尽くしている。1960年代までは自動車保有台数では商用車の数が乗用車の数を凌駕していた。(©朝日新聞社/amanaimages)

1961(昭和35)年、人が行き交う大阪の問屋筋を走るミゼット。小口配送に向くミゼットは「小商い」が多かった昭和期の商売を大きく変えた。(毎日新聞社)

購読者特典! 定期購読をお申し込みの方に素敵なプレゼント!
特典1 ダイハツ ミゼット1961(郵便車仕様)MP5に箱型荷室を架装した 郵便車。ノーズのツートンが魅力的な1台!●本体サイズ:全長 6.9cm×全高 3.4cm ●ダイキャスト製
特典2 スズキ キャリィ ST30 型 1979(ラーメン屋台仕様)博多とんこつラーメン店「めんめん かめぞう」の営業中仕様をイメージして完全モデル化。 ●本体サイズ:全長 7.8cm×全高 4.5cm●ダイキャスト製
※実際の商品は写真と異なる場合があります。
全員にすばらしいプレゼント! 毎号自宅までお届け 配送料無料 毎号必ず手に入る

懐かしい塗装デザイン、時代時代の積載物を設定。

ダイハツ ミゼット MP5 1962(東芝サービスカー仕様) vol.01

路地でも悪路でもキビキビと走る機動性は「街のヘリコプター」に例えられ、CMソングやテレビ広告で爆発的ヒットを呼んだミゼット。丸ハンドル、ドア付き2座席、荷台も拡大されたMP5型は、アメリカ輸出車を日本仕様に仕立てた最終発展型だった。東京五輪を機に家庭に普及し始めたカラーテレビを荷台に積んだ、東芝系列の電器店という設定で設計。

荷台にはカラーテレビのダンボール箱を積載。

左右のドアには電器店のオリジナル屋号入り。

ホンダT360 1963(ヨコハマタイヤ販売店仕様) vol.02

ホンダ初の市販四輪車、その先陣を切ったT360。先進のDOHCエンジンのパワーと実用性、2年間で5万kmの保証期間を謳った頑丈さも評判だった。商店がオート三輪から四輪車に乗り換えるきっかけをつくり、商用ホンダファンを増やした1台。1960年代によく見かけた横浜ゴムの販促キャラクター「スマイレージ」を掲げたタイヤ販売店の仕様でデザイン。

荷台にはタイヤを積載。右サイドは逆読み文字に。

懐かしの販促キャラクター「スマイレージ」付き。

日産 サニートラック 1989(日産サービスカー仕様) vol.03

通称は「サニトラ」。1.2リッターの小型規格ながら、フロアシフト4速ミッションで走りの性能はスポーツ車並み、モノコックボディのスマートなスタイリング、使い勝手のよい和製ピックアップとしてデビューから23年にわたるロングセラーを記録した。2代目サニトラの車体をベースに、修理部品を積み営業先に向かう日産サービスカーを再現した。

営業先にお届け中のサービスパーツを荷台に積載。

運用当時の書体を資料に基づいてリアルに表現。

スバル サンバー 1961(明治牛乳配達仕様) vol.04

軽4輪車の先駆け、スバル 360のエンジンとトランスミッションを継承しながら、当時の軽最大の荷室を確保。「豆腐が崩れない」といわれたソフトなサスペンション、車重が軽く登坂力に優れ、低い荷台は積載物があるほど低重心となり走りが安定する構造をもっていた。明治牛乳のロゴカラーに、牛乳瓶のカートンを積んだ牛乳販売店の仕様で設計。

積載する牛乳瓶カートン、幌の質感も細やかに表現。

昭和らしい書体でデザインした、牛乳店の屋号入り。

マツダ K360 1969(サッポロビール配達仕様) vol.05

軽量静粛エンジンと大径タイヤ、小杉二郎によるスタイリッシュなボディデザインでライバル車に真っ向勝負した東洋工業時代のヒット作。低重心で安定性に優れ、乗り心地の快適さで商用・乗用に固定ファンを獲得した。赤いひとつ星のサッポロビールのドアロゴ、ビールケースを積んだ配達車仕様。「男は黙ってサッポロビール」はこの翌年の大ヒットCMとなった。

往時のケースの形状やビール瓶の質感も精密再現。

両ドアには、懐かしいサッポロビールロゴ入り。

魅力の商用車が 続々! ベース車のメーカーや車種、時代も昭和30年代から平成初頭まで幅広いラインアップ。軽貨物、小型トラックを中心に、業種や積載物も多彩な仕様で開発中。続刊にご期待ください!
購読者特典! 定期購読をお申し込みの方に素敵なプレゼント!
特典1 ダイハツ ミゼット1961(郵便車仕様)MP5に箱型荷室を架装した 郵便車。ノーズのツートンが魅力的な1台!●本体サイズ:全長 6.9cm×全高 3.4cm ●ダイキャスト製
特典2 スズキ キャリィ ST30 型 1979(ラーメン屋台仕様)博多とんこつラーメン店「めんめん かめぞう」の営業中仕様をイメージして完全モデル化。 ●本体サイズ:全長 7.8cm×全高 4.5cm●ダイキャスト製
※実際の商品は写真と異なる場合があります。
全員にすばらしいプレゼント! 毎号自宅までお届け 配送料無料 毎号必ず手に入る

昭和・平成の日本の暮らしを支えた「働くクルマ」の情報が満載。思い出の名車と商用車の文化をビジュアルに掘り下げる充実のコンテンツ!

解剖!懐かしの商用車

付属モデルのベース車とその派生型を解説。車両の特徴やメカニズム、性能諸元とともに、開発の背景や商用車としてどのようなシーンで使われたのかも紹介します。個人所蔵の希少な製品カタログや広告資料を多数掲載し、時代背景も振り返ることができる構成です!

遠藤イヅルのコレクションギャラリー

模型の開発総合監修をつとめる遠藤イヅル氏が、毎号のモデルへの思いをイラストレーションとエッセイで綴るコンテンツ。モデルのデコレーション選定のこぼれトピック、車両にまつわる遠藤氏ならではの豆知識も含め、見て読んで楽しいギャラリーページです!

昭和・平成の働くクルマ名車列伝

昭和・平成の経済を支え、公共インフラの発展に貢献した「働くクルマ」の傑作車車を毎号一車種ずつ解説。日本の自動車技術の進歩を促進した各種の実用車、作業車、大型特殊車両などなど、技術史的な視点から多種多様な名車を取り上げます。

街角とクルマのいま・むかし

日本各地の街角や道路、車両を捉えた記録写真や資料を手がかりに、商用車と人びとの生活文化、社会経済との接点を探るコンテンツ。道路や橋梁などのインフラ、世相や流行風俗も絡めながら、商用車がたどってきた歴史と「現在」にフォーカスを当てます。

懐かしの商用車コレクション 特製バインダー (2冊組)990円(税込)

コレクションの保存に便利な特製バインダーをご用意しました。バインダー1冊でマガジン14冊が綴じられます。

※サイズ: 約W 24.5cm×D 6.5cm×H 30cm
※7号の発売と同時にご注文を承ります。

購読者特典! 定期購読をお申し込みの方に素敵なプレゼント!
特典1 ダイハツ ミゼット1961(郵便車仕様)MP5に箱型荷室を架装した 郵便車。ノーズのツートンが魅力的な1台!●本体サイズ:全長 6.9cm×全高 3.4cm ●ダイキャスト製
特典2 スズキ キャリィ ST30 型 1979(ラーメン屋台仕様)博多とんこつラーメン店「めんめん かめぞう」の営業中仕様をイメージして完全モデル化。 ●本体サイズ:全長 7.8cm×全高 4.5cm●ダイキャスト製
※実際の商品は写真と異なる場合があります。
全員にすばらしいプレゼント! 毎号自宅までお届け 配送料無料 毎号必ず手に入る
次へ